読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watanabiの日記

健康法や英語の学習法など、いろいろ書いています。

僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方4 -文法編- 

ここではお勧めの文法書と、英語のまま直接理解する方法を書きます。
英語を全然しなかった人は、単語帳や音読をする前に中学生の文法からやり直したほうがいいかもしれません。文法書はフォレストが人気のようです。
高校でそこそこ授業を受けていた人は、フォレスト文法の教科書は必要ないと思います。TOEICの文法の問題集をサクッとやれば平気かと。仮定法と分詞構文と使役動詞まで知ってれば問題ないと感じます。足りないと思う人は大学入試の文法問題集をやればいいかと。問題集の例文を音読したほうが更に効果的です。

そして僕の文法でお勧めの本はハートで感じる英文法です!! 文法をただ暗記するのではなく、ネイティブのように感覚やイメージをハートで感じるための文法書です。前まで分からなかった細かいニュアンスが分かるようになります。
例えば、
Where have I parked my car? 「どこに車止めたかなぁ。」
Where did I park my car?   「どこに車とめたかなぁ。」
日本語では訳が一緒でもニュアンスが微妙に違います。
上は、今、駐車場かどこかで自分の車を探してる感じです。下は、以前車を使った時に、どこに止めたか単に思い出してるだけです。現在完了の迫ってくるイメージがそのような違いを生んでいます。

普通の教科書では学べない、微妙なニュアンスまで学べる文法書で、読んでてかなり楽しい本です。
なので絶対にお勧めです。
 
あと、例文の単語が地味に難しかったりするので注意してください。会話編とありますがただの下巻です。
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ) ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (会話編) (語学シリーズ―NHK3か月トピック英会話)


そして、英語をちゃんと頭から順に読めるようにしましょう。英語のまま理解出来るようにしないといけません。文を読んでる時に読み返したりするのは時間がかかるし、リスニングでは読み返すことが出来ないしで良いことがありません。
簡単な本で音読を繰り返せばすぐ出来るようになるので音読は絶対やっときましょう。簡単な英語を多読するのも効果的です。英語を沢山読めばコツが掴めると思います。言いたい事に後ろから説明を付け足していく感じです。音読の方法は↓で
僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方3  -音読編-



関連項目

広告を非表示にする