watanabiの日記

健康法や英語の学習法など、いろいろ書いています。

ダイエット・健康法のアンチパターン集 - 鉄板の失敗パターンを集めてみた

ダイエットや健康法に正解はありません。 僕はエンジニアをしていますが、エンジニアリングにも正解がありません。
エンジニアの世界には、"これをやっておけばOK"という画一的な正解はありませんが、 “これをやったら失敗する"というアンチパターンがあります。 正解は無くても不正解は存在するのです。

アンチパターン (英: anti-pattern) とは、ある問題に対する、不適切な解決策を分類したものである。 語源は、ソフトウェア工学におけるデザインパターンである。 主に失敗した開発プロセスに焦点を当てて失敗に陥るパターンを類型化する。 アンチパターン - Wikipedia

失敗が得意技のこの僕が、これまでの失敗からダイエットのアンチパターンを纏めます。

期日を設ける

「8月までにダイエットするぞ!」と、張り切ってダイエットに励む事はみんなあると思います。

基本的に期日を設けることでオーバーペースになりがちです。 しかも、大抵時間が少なく手遅れ。

気がついたらやめていたパターンが多いです。 体の変化は早くても1-2ヶ月くらいかかるので、2,3週目とかで、「こんなに大変なのに効果がない」と止めてしまったり、自然消滅したり。

成功しても、オーバーペースのつけでリバウンドするパターンも。

解決策

僕がダイエットで成功するようになったのは、考え方を「この食事法はベストなのか?」から「この食事、生活を一生続けられるか?」に変えてからです。
一生続けられるような習慣に変えなければ上手くはいきません。
僕も何度夏までに腹筋を割ろうとしたことか…

美味しくない・楽しくない・キツイ

基本的につらいことは続かないです。 ダイエットの場合、「キツイけど2ヶ月だけだから」と自分に言い聞かせますよね。

健康に気をつけていて、ジャンクフードから野菜中心の食事に切り替えたとしても、美味しくなかったり、手間だったりする場合は、まず続きません。
今までの食事と比べて同じくらい美味しくないと、続きません。 ジャンクフードと野菜だと美味しさのベクトルが違いますが、同等の満足度が必要です。

よく、感情と理性の関係は象使いと象に例えられます。 感情が象で理性が象使いです。

感情は象のように

  • 目の前ことしか見えない(短絡的)
  • 大きいエネルギーがある

理性は象使い

  • 長期的な視野で行動できる
  • 感情(象)をコントロール出来る
  • エネルギーは小さく、感情(象)の大きなエネルギーを長くはコントロールできない。

つまり、感情面が「やりたくない。」と思ってしまうと、いくら理性でコントロールしても、いつかは疲れ果ててしまい。感情に負けます。

快楽が伴わない努力は続かないのです。

さらに、ジャンクフードは すぐ買えて、食べた瞬間から欲求を満たせます。

一方の野菜は、 手軽には買えず、料理の手間もかかる。さらに"痩せる"という欲求が満たされるのは、数ヶ月後です。

解決策

まともにやると勝ち目がないので、少しでも美味しく食べて、楽に料理ができる工夫が必要です。 個人的には良い野菜と調味料(調味料で凄い変わる)を買うことと、作り置きのレシピを幾つか学ぶ事がおすすめ。

美味しく、楽しく。短期的な報酬を与える事が大切。 象使い(理性)の体力を意識すると続けられるようになります。

ちなみに僕は、無理のない食事法(一汁一菜ベース)で1年で7キロ減って、さらに慢性疲労や偏頭痛をかなり改善しました。
頑張る必要はありません。

watanabi.hatenablog.com

いきなり完璧を目指す

いきなり完璧を目指すと、負担が大きくなりすぎて、続かないです。(はい、僕です)
環境を急に大きく変えすぎると、家族とかも嫌がります。 まずは、小さい一歩から。

いきなり、有機野菜で新鮮なローフードしか食べません。みたいな難易度MAXな事をすると、続かないです。 牛丼ばっかり食べてた人が、急に生野菜を食べるけど、ドレッシングは油が良くないから使わない! 今日から全てを自炊にして肉は食べない!みたいなのも厳しいと思います。

解決策

Bestを目指さずにBetterを目指して、少しずつ改善する方がいいと思います。

チートデイを設ける

チートデイを設ける時点で、つらい証拠です。 たまにアイスやラーメンを食べる事は全然良いと思いますが、チートデイにかなり爆発する人はオーバーペースなので、 普段の生活を見直したほうがいいと思います。

解決策

チートデイを設けていて、チートデイに暴食する人は、普段の食事の見直しを。 チートデイは結構推奨されてますが、僕はあまりお勧めできません。

手間暇をかける

手間暇がかかるものは大抵続かないです。 安く済ませるため、より健康的な食材を使うために手作りしたりしがちです。 ドレッシングの手作りしたり、沢山の品数を作ったり。

解決策

どのくらい手間暇をかけられるかは、自分の余力次第次第です。 色々なブログや本だと、結構凝った健康な食事を作ってますが、それは健康で余力があるから手間暇がかけられるのです。

楽することを第一に考えたほうが上手くいきます。 迷ったら健康に良い方ではなく、楽な方を。 その内、手間暇をかけるポイントが分かってきます。

すぐに効果を求める

西洋の薬と違って、生活改善では直ぐには効果がでません。 最低2週間はかかり、2ヶ月くらいは様子を見るべきです。

効果はジワジワ出てくるので、注意していないと実際には改善しているのに実感できない場合もあります。 「そういえばダルさが抜けた」とか、「気づいたら頭痛が軽くなってる」みたいに効果を実感します。

解決策

最低2週間はかかり、2ヶ月くらいは様子を見る。

効果が出ないからすぐやめるのはもったいないです。

今までの生活を変えずに、健康食品・グッツを追加するだけ

まさに焼石に水。 今までの習慣や食事を変えずに、

  • コレステロールが高いから下げる薬、食材を食べる
  • 疲労が取れないから、にんにくサプリを飲むする
  • 便通が悪いからヨーグルトを食べるする。

を行っても大抵は何も変わりません。

解決策

悪い症状は、普段の悪い習慣が産んでいます。 マイナスを取り除く事が一番大事。

まずは、精製された炭水化物や砂糖、加工食品を少しずつ取り除くのがお勧めです。 結構な人が血糖値の乱高下が原因の副腎疲労や炎症を抱えていると思います。
外食を減らすのが一番です。

健康法や食事を取り入れる時は、何かと"置き換える"ことが重要です。

何を減らせばいいかは、ここにまとめています。 watanabi.hatenablog.com

ケチる

野菜や果物、調味料の味は値段に比例します。 まずい野菜や果物を食べても満足感は得られないので、すぐにジャンクフードを食べたくなってしまいます。

解決策

感覚的には一番安い野菜/果物はあまり美味しくないですね。(ジャストで旬のものだと安くても美味しい)
相場の1.5倍-2倍くらいのものを買いたいです。オーガニック(有機)があればオーガニックのものを買います。

美味しい野菜を買うと、凝った料理をしないで済むので料理が楽です。 時短になって手間も省けるので素材には拘りたいところ。

特に調味料は明らかに味が変わるので、味付けが楽になります。醤油や酢、塩、味噌など高めのものを買うと絶対楽になりますよ!

自炊すればトータルで安くなると思います。 粗食にしたり断食もしだすと量が減るので、より質の高い食材にできますね。

とにかく頑張る

不吉な匂いがプンプンします。 楽しめる適切な負荷と難易度にしないといけませんね。

まとめ

ここで挙げた不吉な兆候がある場合は、是非見直しを。
ポイントは「少しずつ、楽しく、悪い習慣を置き換える」です!

基本的には外食で健康になるのは不可能に近いので、ある程度自炊が必須になると思います。

お昼を外食してる人は、発芽玄米を炊いて、おにぎりを2つくらい作って弁当にするのが楽で効果があると思いますよー。 外食は減らせば減らすほど、健康で元気になります。