watanabiの日記

健康法や英語の学習法など、いろいろ書いています。

Arc'teryx スコーミッシュ フーディが多用途すぎて便利すぎる - 運動するミニマリストにオススメ

去年、Arc'teryx スコーミッシュ フーディという軽量なウインドシェル(ウインドブレーカー)を買ったのですが、めちゃくちゃ便利だったので、紹介します。
運動する人なら全てのシーズンで、運動中と普段着の両方で活躍します!
恐らく去年買った中で一番出番が多いです。

全てのシーズンで使える

スコーミッシュフーディはいわゆるウインドブレーカーなのですが、高い汎用性が特徴です。
約150gで小さくなるので、お守り感覚で常に鞄に入ってます。
多用途なので、ミニマリストの人は服の数を減らせます。

春・秋

普段着
運動時のウォーミングアップ
運動時の風が強い時

会社や飲食店で冷房が強すぎた時に羽織る

運動時に着用

と、言うようにオールシーズン、運動時から普段着まで出番が非常に多いのです!

軽量でいつでも持ち運べる

常に鞄に入れっぱなしにできるので、運動時以外もお守りになります。 夏の冷房が強すぎた時とか、春・秋にあるあるの「朝は暖かかったのに、帰る時めっちゃ寒い」という時にさっと羽織れます。

普段着でも使えるデザインの良さ

ウインドシェルは各社色々出ているのですが、個人的には一番デザインがいいと思います。

レギュラーフィット(少しゆったり目)なんですけど、カッティングが上手くて全然ダボっとしません。
生地に適度な厚みがあるので、リュックに入れてても、着れば10分くらいでシワは取れます。
他の超軽量なウインドシェルはシワが目立ちます。
あと、フードの襟が立つのと、フードにツバついてるのも、他のウインドシェルにはない特徴で、オシャレです。

よくパタゴニアのフーディニと比較されますが、フーディニがスリムフィットなのに対して、スコーミッシュフーディがレギュラーフィットですし、
恐らくメーカーが想定しているユースケースが違います。
フーディニは基本リュックにしまっておいて、強風の時に使用するのがメインケースで、スリムフィットで運動の妨げにならないようになってます。トレイルランニングのような熱量の高い運動も主な対象です。その分重量も軽いです。
スコーミッシュフーディは、レギュラーフィットで、フードにツバがついてたり、袖がベルクロだったりと、ある程度着続ることを前提で作られていて、よりオールマイティです。その分重いのですが。
私服と運動着を兼ねたい人は、スコーミッシュフーディの方がオススメです。
もちろん透湿性や肌触りなど基本的な性能も凄く高いです。

他の選択肢

余談ですが、もう少し運動時に着続けられるウインドシェルが少し気になってます。 Incendo Hoodyという、よりタイトで軽量で通気性のあるトレイルランニング向けのあります。
脇がメッシュになっているのと、フードが収納できるのが熱い仕様です。

ここまで来るとベストでもいい気がしてきます。

靴で有名なonのweather vestは背中もメッシュになってて暑がりな僕にちょうどいいかもしれないので、とても気になる存在。
www.on-running.com

もっと多用途なものがいいなら、軽量レインシェルでもいいかもしれませんが、耐久性とメンテナンスに気を使うのと蒸れるらしいので僕は見送りました。汗かきじゃなければいい選択肢かもしれません。

今期アップデートされた、モンベルのバーサライトジャケットは素材がウインドストッパーになって、しなやかだし、透湿性もいいし、安いし、軽いしでとても魅力的です。ポケットをなくして軽さを取る判断は潔くてカッコいいと思います。

webshop.montbell.jp

お金があるなら、Norvan Jacketとかですかね。

僕はモンベルの超軽量(90g弱)折り畳み傘を常にカバンに忍ばせてるので、雨具とウインドシェルを兼用するところまではやってません。

webshop.montbell.jp